自分に合った方法を選ぶ|整形ならクリニックが安心|目を大きく見せる目頭切開
女の人

整形ならクリニックが安心|目を大きく見せる目頭切開

自分に合った方法を選ぶ

困る女性

埋没法と切開法

二重整形は主に埋没法と切開法の2種類に分かれます。どちらにもメリットとデメリットがあり、せっかく施術したのに元の目に戻ってしまうことや失敗してしまうこともあります。二重整形で失敗しないための方法にはいくつかのポイントがあります。埋没法はまぶたにメスを入れずに二重をつくることができます。その手軽さから美容整形の中でも特に人気がありますが、施術をして1年経ったら二重がとれて元に戻ってしまったという声が多くあがっています。一方切開法では、まぶたにメスを入れて施術が行われるため、ダウンタイムが長く痛みや腫れが起こる可能性があります。しかし埋没法と比べると二重を維持する力が強く、元に戻って失敗してしまったということがほとんどありません。完全な二重をつくるには切開法がおすすめされます。

まぶたの状態で決める

二重整形をして失敗するリスクを下げるためには埋没法よりも切開法がおすすめですが、値段もそれなりに跳ね上がりますし、メスを入れるという点からリスクを感じる人も多くいます。埋没法か切開法か決めるためには、自分のまぶたがどのようになっているのかしっかりと見極める必要があります。日頃からアイプチやアイテープなどを使って綺麗な二重をつくることができるような薄いまぶたの場合は、埋没法でも十分に効果を得ることができます。アイプチやアイテープを使ってもなかなか綺麗な二重をつくることができない分厚いまぶたの人は埋没法よりも切開法が良いかもしれません。自分のまぶたの状態を見極めて、どちらの施術方法が向いているか考えてから、1回の二重整形で二重を手に入れるようにすることが大切です。